徒然なるまま、思うまま日記。

結婚して2年目、仕事と家庭の両立に奮闘するわたし。

転職するか悩む(二度目の本気?)

転職するか迷っています。

仕事が忙しい時期になると「もう辞めたい」と思っちゃって、そういう小さな愚痴っぽい感じはよくあったけど、最近本気で悩むところまできました。

2年前も本気で悩んで、半分辞める気でいたけれど、学校を異動することになったので思いとどまりました。
学校を変われば、違うんじゃないかって。詳しくは2年前の日記に残ってました。

https://yashiko884.hatenablog.com/entry/2019/08/07/171828


読み返してみると、すごく辛そう私。
そして、読み返して気付きましたが、あの時持っていた不満は、いくらかは改善されました。


改善されたところ
①職場の人間関係
2年前は職場の人間関係がギスギスしていて、それに振り回されて疲れていました。
でも、異動した今の学校は、助け合う雰囲気があってのんびりしてて、かなり良い。
やっぱり気の合わない人もいるけど、害はないので全然平気。

②心の平穏
2年前は一人暮らしでしたが、結婚して夫という理解者を得たことで、心が安定するようになりました。嫌なことがあっても、夫に話すことでいくらか解消されます。ありがとう。


以上の2点が改善されて、しばらくは楽しく仕事ができていました。でもまた転職を本気で悩むようになったきっかけは、6月の流産です。

ただ、これはきっかけに過ぎなくて、本心ではずっと辞めたいと思っていた気がします。
今辞めたいと思う理由は次の通りです。


①労働時間
朝7時半から授業。授業準備の為に6時に出勤することもしばしば。帰りは19時くらい。
効率よく仕事を終わらせ、定時で帰る先生もいます。でも、私はそんなに器用じゃない。
授業の準備をしっかりしないと、納得のいく授業ができない。
教員になってからずっとこの点については悩んでいます。

②やりたくない仕事がある
教員の仕事において、授業とか生徒に接する・関わる仕事は好きなのですが、テストの作成や採点は苦手です。
経験を積んでだいぶこなせるようにはなったけど、テストの作成や採点に時間をかけてたら授業の準備する時間がなくなって辛い。

あとは、部活。
自分が経験したことのないスポーツの顧問は、「自分が役に立てている」という感覚を持てないので辛いです。
何か役に立とうと思ったら、そのスポーツについて勉強したり、一緒に練習してみたり…とかしたら良いのだろうと思いますが、そんなことする時間・余力どこにある?(答え=ない)

とりあえず大会の引率についていくけど、何の役にも立てない自分が嫌で引け目を感じて消えたくなるけど、大会って大体丸1日あるから丸1日ブルーです。


③やりたい仕事がある
発達障害の子の担任をしたとき、「こういう子を助ける仕事がしたい」と思いました。
去年私が担任をした子は、今年は別の先生が担任をしています。

正直去年は、その子の対応に必死で気力や体力を奪われてしまって。
必死でやった成果もあって、その子は私を信頼してくれていたのですが、今年は担任は無理だと感じて担任から外れました。
40人のクラスの担任をしながら、その子の指導をするのは無理でした。他の業務もたくさんあるので。

でも、その子の対応だけに時間を割ける、さらに周りとの協力体制があれば、可能だったのではないかと思います。
あとは、私がもっと専門的な知識を得る。
そうなると、今の県立高校という職場、教員という立場ではなく、発達障害を専門的に扱う機関で働くのが良いのではないかと感じています。

生徒によく「優しい」と言われます。
自分が話すよりも聞く方が好きだし得意なので、自分の特性を活かせるのでは?と思います。

③ご飯作りたい
ご飯作りの負担を減らす為に、nushを利用してますが、料理は結構好きです。
美味しい栄養あるご飯を食べる生活がしたいです。


以上が辞めたい理由です。
2年前と大きく違うのは、仕事を辞めてやりたいことがより明確になったこと。

どうなるかな。

夫が言うには、私はいつもこの夏の時期になると「辞めたい」と弱音を吐きがちらしいので、自分の気持ちがほんまもんなのか、もう少し様子をみたいと思います。

やることを減らして楽にする。

この2週間、土曜日も出勤で週6日働いて日曜日は家でぐったり…💦という感じでした。

学校は平日は毎日授業。土曜日は休みですが、最近は模試やら課外授業やらで土曜日も出勤でした。
1学期の成績を出したり、三者面談があったりもしたので、ハードな日々でした💦

忙しい日々で心も身体も疲れきっていて、なんだか気持ちも下降気味ー(-_-)

そんな中、先週の日曜日は、夫が珍しく「どこかへ出かけよう」と言ってきたのですが、どこかへ行くより家で寝ていたかったので私はひたすら寝ていました。

眠りながら、「自分は日曜日はほとんど寝て過ごしてるくせに、なんで私のことはほっといてくれないのかね」とモヤモヤ。
一緒に出かけたい気持ちもありましたが、私はきつかったので、1人で遊びにでも行ってきて、本当に私のことはほっといてほしかったです。
なんだか鬱々とした気持ちでした。


5月頃、夫が忙しかった時期、私が家事を全てやっていた時期があって。しかも妊娠して軽い悪阻もある時期と重なっていたのですが、その時のイライラが消えません。

家事してくれない。

たまに料理しただけでしょっちゅう料理してるように周囲に話すのが鼻につく。

毎週末、スーパーで1人でたくさん荷物を抱えながら夫婦で買い物に来てる人たちを見て羨ましく思った日々。


ただ、私が1人で頑張りすぎだし、ちゃんと夫に不満を伝えていないのが悪いとも思います。
言われないとわからないし、私が色々とやってるのも全然知らないんだと思います。

家事の負担や不満については今までも時々溜め込んで爆発させてしまってましたが、なかなか解決できない問題で。

しかし、今もきついし、またいつか妊娠や出産をするとなったら無理なので、もっと楽に生きられるように色々と試そうと思いました。

①料理をやめる。
YouTubeで知ったナッシュ。
https://nosh.jp/
冷凍のお弁当を2週間注文しました。

とにかく楽。チンして食べる。
メニューによって味付けもう少し濃い目がいいなと思うものもありましたが、野菜も入ってて健康的。美味しい。

ただ、食事の楽しさが少し減った気はしました。断然楽!なのにな。
「美味しい」と言いながらバクバク食べる夫の姿が見れないのは、少し物足りない。

②仕事をやめる。(転職を検討)
発達障害の生徒の担任をして以来、困っている子の助けがしたいと思うようになりました。

授業、部活、事務作業、テスト作り、採点、など膨大で多彩な仕事をしなければならない教員を辞めて、もっと専門的な仕事がしたい。
休みももっと欲しい。

スクールカウンセラーの仕事にも興味があるのですが、大学院に通ったりしなければいけないので、難しいかなと。
発達障害の子の療育などに関わる児童指導員という仕事があると最近知ったので、その仕事に転職しようかと考えています。

でも全然まだ踏ん切りはつきません。
教育業界専門の転職エージェントに登録をして、今度面談をしていただくのでその話を参考にしてもう少し悩んでみます。
ちなみにその転職エージェントはネットで見つけました。↓
https://education-career.jp/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=listing


③本を参考に。

タイトルに惹かれて買いました。
「やらなきゃ」に縛られるとほんとに疲れるので、「やめる」って大切だと思います。
家事とか色々とやめようと思ったのもこの本がきっかけです。

筆者がどんなことをどうやって辞めたか(家事とか)が具体的に書かれてて良かったです。
アメリカでは子持ちの女性もバリバリ働いてるし子供連れに社会全体が優しいのに、日本は子持ちの女性は迷惑がられるというのが書かれてて世知辛いなと悲しくなりました。

そんな社会だからこそ、なんか上手く楽に生きられるように工夫しないとなぁ。

子供を産むのがこわい。

流産を経験する前から思っていましたが、出産って、こわい。


みんな、よく、あんなすごいことできるな。

学生時代に「結婚したら2人子供が欲しい」みたいなことを言う子がいましたが(しかも少数ではなく、割りといた)、当時も今も、すげぇな、と思いながら聞いてました。


出産の痛みがこわい
お金がかかるのがこわい
子供を育てるのがこわい
子供の怪我や病気こわい


学生時代からこんな風に思っていましたが、流産を経てさらに下の事項が増えました。

つわりがこわい
流産がこわい
妊娠中の仕事がこわい
育児と仕事の両立がこわい


不安で不安で怖くてたまりません。
夫の協力で減らせる不安もありそうですが、それに、最近は家事をよく手伝ってくれますが、それでも私の方が妊娠や出産は明らかに負担が大きい。心身共に。

すごく軽い言い方になりますが、
コスパ悪いな」とか思ってしまう。

産んだら可愛いくてすべての苦労が吹っ飛ぶのかもしれないけど。


でも、さすがにまだ不安の方が多い。
まだ流産の手術から10日しか経ってないもんな。

普通の生活を送っていて、忙しさで忘れてるけど、まだ傷は癒えていないようです。

キレる生徒にどう対応すべきか。

私はとある高校で教員をしています。

ある生徒のことで悩んでいます。

Aという生徒は、ADHDの傾向があります。
ADHDといっても、人それぞれ特徴があると思いますが、Aの場合は、ルールが守られていない状況や、ルールに従わない人を見ると激昂します。

例えば、授業中に他の教科の勉強をこっそりしている生徒がいると、腹を立てます。
その子に詰めよって強い口調で怒鳴り、教室を出ていきます。


日頃は非常に真面目で穏やかですが、キレると一気に感情が高ぶります。


定期テストの前、疲れが溜まり、テストへのプレッシャーで追い込まれているときは、より一層過敏になり、放課後、職員室にズカズカと大きな足音を立ててやって来て、「先生!どうして注意しないんですか?」と訴えてきます。

特別支援学校の先生や、スクールカウンセラー、精神科など、色んなところや人に相談し、どうすればAが穏やかに心地よく学校生活を送れるか考えてきました。


しかし、学校全体で授業規律を正し、校則等について厳しく指導をしても、完璧な状態を作るのは難しく、完璧ではない所がAは気になって、また苛立ちを募らせます。


「こんな学校辞めてやる」「こんな学校なんて消えろ」とAが叫ぶこともあります。
それでも毎日休まず学校に来るので、本心は学校に来たいのかもしれないですし、人と上手く関係を築けない苛立ちや寂しさを抱えているのかもしれません。


発達障害の傾向がある子は、小さいうちから「療育」というものを受けることで、感情のコントロールなどの練習をするらしいのですが、Aは「療育」を受けずに高校生になりました。


そのため、「なぜ自分が悪いのか」「なぜ自分ばかり怒られるのか」という考えが消えません。
療育を受けていないからなのか、こういう考え方がADHDの傾向なのかはわかりませんが、Aがそういう考え方をしているという点が、指導する上で1番難しいなぁと思うところです。


クラスメイトに大声で怒鳴ったことを謝るべきだと言っても、「自分は悪くない」と言うばかり。Aの言い分も認めつつ、お互いに悪い点がある、ルールを守らないクラスメイトに腹を立てるのは悪いことではないが、それで一方的に怒鳴るのは悪いこと、といってもなかなか伝わりません。


突然キレるAを怖がる生徒もおり、私もAのクラスの授業の時はかなり気を遣ってしまいます。
Aは私に心を開いているのか、私に悩みを相談してくることが多いです。

それは良いのですが、私の前では感情を出しやすいのと、私の気を引きたい(←専門家の方が言うには)がために、私の前でキレることが多いです。

それが私はとても辛い。
私に向かってキレるのはまだいい。
「先生のせいだ!」「先生はいつも私ばかり怒る!」と、私に向かって言ってきたこと、何度もあります。

でも、同じクラスの子に怒鳴ったり、授業中にキレたりされると、他の生徒たちに申し訳がない。

私のせいで、キレている?

専門家の方には、「キレれば構ってもらえる」という思考ができてるのかもしれないと言われました。冷静に対応することが大切、キレたときは1人でクールダウンさせることが大切だと。


とにかく今はそれを実践しようと思いますが、私のいないところでもキレることが最近はあるようで、情緒不安定です。

どうすればAが穏やかに心地よく過ごせるのか、わからない。

障害の有無に関わらず、色んな生徒がいますが、色んな子がいてもそれぞれが心地よく過ごせる学校であって欲しい、そうしたいと思って日々精一杯やっています。


でも、最近辛くなってきました。

流産後、思っていたよりも早く身体が回復したので、現在普通通り仕事をしているのですが、休んだ分のツケが回ってきて、土日も仕事三昧でした。

きっついなぁ。

もしこのブログを読んでくださった方で、Aのような子が心地よく過ごせる方法などご存じの方がいましたら、教えていただけると嬉しいです。

私も勉強します。

無理しすぎて悪化。職場復帰が不安。

※流産について書きます。読みたくない方は読まないようにされてください。


今日で流産の手術をして3日目です。
手術自体は全身麻酔で全く痛みをかんじることがなく終わりました。
(手術前の子宮を広げる処置は半泣きになるくらい痛かったです)

手術の当日は病院で1泊の入院。
出血少なめ。腹痛もなく。翌朝退院。

退院後は家で安静にしていました。
しかし、気持ちが落ち着かず、泣きわめきながら洗濯物を部屋中にばらまいて、買ってあった妊活雑誌を床に投げつけて。

イライラして仕事から帰ってくる夫と顔を会わせたくなくて、夕方気晴らしにショッピングモールへ。
そこで1時間も歩き回ってしまったものだから、帰った後、出血。腹痛。

太腿も痛い。歩くのが辛いくらい。
トイレでかなり出血してるのを見て、また泣きわめいてしまいました。

それからはひたすら安静にしていますが、出血が続き、足も痛いです。腹痛も。不安で仕方ない。

職場復帰が不安です。月曜日までに試験問題を印刷しなければ。月曜日からテストの採点もして成績つけて、水曜日からは授業。
授業は朝7時半から。教室は4階。授業は1日4~5コマ。
こんな状態じゃ動けないし、身体を壊しそう。

この状態では無理です。不安を吐露しながら泣いていると、夫が慰めてくれましたが、夫にたいしては妊娠中もそれ以前も、全然家事を手伝ってくれず辛かったという思いで腹立たしくて全然響かない。


わからないでしょうね、私の気持ちなんて。
ここからは夫への愚痴です。


家事に関しては、帰りが私より遅く、土日も部活で忙しい夫にはあまり期待できないと諦めていましたが、この一年の中で何度か不満が爆発して訴えてきました。
でも、物理的に無理だとわかっていたのであまり強く言えず。気付けば無理しすぎていました。

土日はいつも、部活から帰ってきて布団に直行して眠る夫を尻目に、ご飯の支度や食材・日常品の買い出しをしていました。


結婚してから家事の負担が大きくなって、辛かったです。
美味しそうにご飯を食べる夫を見るのは幸せでしたが、きつかった。
夫はどうだろう。結婚してから楽になったんじゃないだろうか。

「仕事と家事の両立で悩んだことある?」と昨日夫に聞いてみたのですが、返事がなかったです。

今日もほぼ1日グーグー寝てる夫。
のんきだ。

私は流産で心も身体もぼろぼろなのだけど、夫は何を思ってるかさっぱりわかりません。

子供欲しいのかな?ほんとに。
私はもう無理かもしれません。

流産を経験して思ったこと

※流産について書きます。読みたくない方は読まないようにされてください。





今回、初めての妊娠で悲しい結末になりましたが、色んなことを考え直すきっかけになったと思います。


初期の妊娠の要因は胎児の方に原因があるといいます。母親がどんなに気を付けても、そうなってしまう運命。
手術をした病院の助産師さんも「あなたのせいではない」言ってくださいました。


ただ、それでも私は自分の生活に無理があってそれが影響したのでは、と考えてしまいます。
本当に要因の1つになっていそうなのが、鎮痛薬の長期の服用・乱用です。

毎日頭痛がしていたので、市販の鎮痛薬を1日に3回飲んでいました。
ここ5年から6年ほぼずっと。

身体に悪いと思い、漢方薬局に行ってみたり、整骨院に通ったり、やめようとはしていました。頭痛外来にも一時期通っていました。
でもやめられない。

頭痛自体がひどくなくても、最近は飲まないと落ち着かないような気がして飲んでたりしました。仕事が忙しい時は必ず頭痛がするし。

妊活を意識しだしてから、少しだけ飲む回数は減りましたが、なかなかやめられず。

でも、妊娠をしてから、やっと、不思議なことに、飲まなくても大丈夫になりました。
朝起きた時、頭が軽い。
頭痛においてはここ数年の中で1番調子が良くて、ああ良かったなぁと思っていたのですが。

その代償なのかもしれない。

せっかくやめられたので、無駄にするわけにはいかない。もう薬は飲まない。
おそらくカフェインが入ってる薬だったので、カフェイン依存になっていたのかもしれない。
カフェインも飲まない。

野菜をたくさん食べ、肉魚を食べ、よく寝て健康になります。

仕事、もっと手を抜いて休みます。
家事、もっと手を抜いて夫に頼みます。


でも、どうすればもっと休めるんだろう。
仕事、辞めようかな。

常勤講師になれば、担任を持たなくてすむし、よくわからない出張に行かなくてすむ。いろんな雑務から離れられる。

どうすればいいんだろう。

教員同士の夫婦、周りにもいますが、奥さんがすごく必死で無理してるのが傍目に分かるくらいで、よく私には無理だーと思っていました。

旦那さんが頑張ってる場合もありますが、毎日必死だと言っていました。

こんなに悩む私の気持ち、夫は知ってるのだろうか。

夫は私と協力してやる気がない。呑気。
食洗機と電動掃除ロボのほうが頼りになる。
食洗機を買ったのに食器洗いをやって家事をした気になってるけど、食器洗いは機械に任せてそこでできた時間を他のことに使え。

疲れて帰ってごはん食べて寝て。
思うままに過ごせていいな。


妊娠出産は圧倒的に女性の負担が大きい。
いろんな辛さが夫にはわからないだろうなぁ。

もっと気楽に生きられないのか、私は。

最後に手術の待ち時間に読んでてとても面白かった本を紹介して終わります。

家事に苦しむ人々の話。すごく大変で重要なのに軽く見られてしまう家事。ワーキングマザー、育休中の男性、専業主婦、シングルマザー、いろんな人の家事の苦労が描かれていて、共感しすぎて辛くなる部分もあったけど、前向きで救いのある話でした。

9週 稽留流産

※流産の話をします。読みたくない方は読まないようにされてください。





いつも通っていた病院に紹介された少し大きな病院で診察を受けました。

やはり稽留流産
9週稽留流産という診断でした。

エコーを見ても、やはり赤ちゃんがいない。
胎嚢の中に白い輪っかのようなものがあったので、「これは何ですか?」と聞いたら、組織の一部だと言われました。

やっぱり赤ちゃんはいない。
覚悟を決めていましたし、前回流産の可能性が高いと言われていっぱい泣いたのに、やはり涙が出ました。


2日後に手術と1泊の入院をすることになりました。



私は現在、高校1年生のクラス担任をしています。
少し前までは、1月くらいに出産になるから2学期が終わったら産休に入る感じかなぁと思っていたのに、「ああ。流産の手術の為にやすまなきゃいけないのか。」と思いました。


病気で仕事を休むことなんてめったになかったのに。むしろ朝早くから遅くまで働くタイプ。
休むと他の先生に負担がいくし、生徒にも申し訳ない。


教頭先生に報告し、数名の先生には事情を伝えました。ちょうど同い年の、育休から復帰したばかりの先生がいるのですが、その先生は私の事情を知り心を痛めて下さったようです。

まだ職場には妊娠したことを伝えていなかったので、急に3日も休んじゃうことになるのですが…

申し訳ないという気持ちでいっぱい。
ちょうど期末テストの期間だし。
ただでさえ人が少なくてみんな疲れてるのに。
でも、逆の立場だったら全然気にせずカバーに回るよな、と思って休めるだけ休みます。


今学校現場はコロナに怯えている毎日ですが、違う…私は休むけどコロナじゃない!でも本当の理由は言いにくい。
感染広げるとかないので安心してください。
と言いたい。苦笑。


でも休んでもまたすぐ色々やらなきゃいけない。期末テストの問題作成を入院前に急いで行いましたが、2つ作らなければならないうちの1つが残っているので、退院後に作ろうと思います。

退院したら採点もしないと。

こんな時なのに仕事のことを考えなきゃいけないの辛くて、こんなに忙しいからこんなことになったのではないか、自分の働き方が嫌になりました。

でも、手術怖いので仕事で気が紛れるのは良かった。
無邪気にはしゃぐ生徒たちには元気をもらいました。
無事に生まれて大きくなってすごいなぁ。
あなたたちのお母さんはすごい。