徒然なるまま、思うまま日記。

社会の荒波に揉まれながら、人生について考える29歳のわたし。

家族でも友達でもない職場の人との関係はドライ。

4月から新しい職場で毎日忙しく、上手くいかなくて落ち込むこともあり、怒涛の日々です。


だけど、同期の2人と仲良くなったおかげでそんな怒涛の日々もなんとか乗り切ることができています。


同期は女の子と男の子で、2人とも私より歳下です。私が最年長ということで、2人をサポートしようと初めは思っていましたが、2人とも私よりもしっかりしているので、今では私の方が2人に甘えています。

仕事がきつくて息抜きしたい時は、2人をご飯に誘ったり、愚痴ったり。


職場の人間関係ってドライ。

表面上仲良くしてても、影で批判されてたり、揉めてたりする。

「あまり自分の本心をベラベラ話すべきじゃないな」というのが社会人を5年経験しての結論です。


あと、自分が頑張りたいと思って頑張るのはいいけど、誰かに認められる為に頑張りすぎるのも、自分を犠牲にして頑張りすぎるのもよくない。

私が心身を壊すほど仕事を頑張っても、仕事は私を助けてくれない。

職場の人はどんなに優しくても、自分や自分の家族のことが何よりもいちばん。

私のことを気にかけてくれる人なんてそうそういない。

長い時間を共に過ごすのに、家族でも友達でもない職場の人たちとの関係は濃いようで薄くて寂しい。


そんな思いを胸に秘めてるんだけど、休日出勤をした今日、デスクで黙々と仕事をしていたら、同期の男の子が近付いてきて私の顔を覗き込むようにして、微笑みながら、


「髪切りました?」


と声をかけてきたのでキュンとした。

今日は暑いから、サイドの髪を耳に掛けていたんだけど、そんな少しの変化に気づいてくれて、それをわざわざ言ってくれたことが嬉しかった。


嬉しかったのに、真顔で「切ってないよ。」と答えるので精一杯だった。


ドライな職場の人間関係の中で、唯一本音で話をして、信頼している同期の2人。

男の子の方は異性なので、最近妙に意識してしまいます。

なんだか最近よくからかわれるんだけど、私が言ったこととかしたことをちゃんと覚えてくれていて、くすぐったいような気持ちがします。


今日もくすぐったかった。

なんだか幸せでした。