読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、思うまま日記。

婚活や恋愛、仕事を通して自分の幸せについて考える28歳のわたし。

ブルゾンちえみの「35億」が沁みる。

失恋した私の心を最近癒してくれているのは、今ブレイク中の女性芸人、ブルゾンちえみさんの言葉です。

f:id:yashiko884:20170327233223p:plain



好きになった人がいたけれど、なかなか仲良くなれず、距離を縮められないまま気持ちだけが大きくなって告白。


だけど、返事がもらえないまま1ヶ月過ぎました。

返事がないのは振られたも同然だと思っているし、彼と付き合ってもお互いに幸せになれなかったかもしれないなと思います。

もしかしたら私は、「好き」という気持ちだけで終わっていて、彼と付き合うことを本気で考えることはできていなかったのかもしれない。


だから、彼には彼で誰かと幸せになってほしいと思うし、私も違う誰かと生きていけたらいいなと思います。

彼とは同じ職場の同僚でしたが、私は4月から新しい職場に転勤となります。

前の職場から遠く離れた土地に引っ越します。


彼のことを忘れて、新しいスタートを切るには最適な環境です。

新しい生活、新しい出会い。

わくわく。


けどやっぱ、失恋つらい(´;ω;`)


「あのときこうしていたら」「もっとこうすれば」と後悔して自分が嫌になったり、「でも結局、他人の心は操れないもんな」と思って恋愛が嫌になったりするのです。

彼のことを考えて切なくなってしまう。


新しい生活への不安も大きい。

好きな人に振られ、1人で遠く離れた土地に引っ越す私。寂しい。孤独。


だけど、新しい職場へ行き、挨拶をしたところ、やっぱりわくわくしました。

そう思った時、ブルゾンちえみさんの言葉が頭をよぎりました。


「味のしなくなったガムをいつまでも噛み続けますか?」


「新しいガム、噛んでみたくない?」


「この地球上に男は何人いると思ってんの?」










35億!!!!!!


新しいガムを噛んでみようと思います!!

いや、ガムを噛む前に、新天地でまずは仕事を頑張ります!!


あと、ブルゾンちえみさんですが、


「女に生まれて良かったー!!!」


という彼女の言葉も心に残っています。

私はよく「私が男だったら良かったのに」と思うことがあります。

もちろんお笑い、ネタだと分かっていますが、あんなに堂々と大きな声で「女に生まれて良かった」とブルゾンちえみさんが言っているのを見ると、憧れや嬉しさが込み上げます。


女は損、苦労してばかりだと思っちゃうけど、私もあんな風に「女に生まれて良かったー!!」と言いたい。

女であることを楽しもう!と彼女の言葉を聞いて思いました。


最後に余談ですが、YouTubeで検索するとTVでは観られないブルゾンちえみさんのネタを楽しむことができます。

下ネタ!!(だからTVではしないんだと思います)面白いです。