読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、思うまま日記。

婚活や恋愛、仕事を通して自分の幸せについて考える28歳のわたし。

高校時代に好きだった人に、大人になってから二度遭遇した。

が高校時代に好きだったA君は、同じ陸上部で高1の時は同じクラスでした。


高校から陸上を始めたものの華々しい記録を残せなかった私と違い、A君は1年生の時から活躍していました。


ある日、なにげなく、

「A君ってすごいね。」と話しかけた時、

少し照れながら、

「そんなことないよ。」と言うA君の反応が意外で、そんな些細なことがきっかけで好きになりました。


それから3年間、片思い。

陸上で活躍して、インターハイにも出たA君。おまけに甘いルックスに小顔の長身で抜群のスタイルのA君は、私とは違う世界の人物のように思えました。


同じ陸上部なのに、ほとんど話ができないまま。でも、思いを募らせてバレンタインにチャリで帰るA君を追いかけて、チャリのカゴの中にチョコを押し込んで去った私。

(迷惑なやつ…。黒歴史…。)


そんな思い出のあるA君に遭遇したのは、27歳の時。高校卒業以来。10年ぶりの再会でした。


信号を渡ろうと信号待ちをしていると、向こう側にA君がいました。

高校時代より大人っぽくなり、相変わらずのイケメンぶり。

そのイケメンぶりに怖気付いて、話しかけることができないまま、すれ違いました。


あとで友人伝いに聞いた話だと、その時A君も私に気がついていたそうです。

「あいつ高校の時と全然変わってない」というようなことを言っていたそうです。

「昔より可愛くなったな…」みたいに思われたかったな。

(友人にもよく「昔から全然変わらないね!」と言われてしまう私。)


2度目に遭遇したのは、その約2年後。

高校時代の友人の結婚式でした。

私は新婦側、A君は新郎側の友人として呼ばれていました。新郎も新婦も同じ高校出身なので、「すごい偶然!運命!」とまでは思いませんでしたが、「また会った…」と驚きました。


前に遭遇した時、話しかけることができずに後悔した私。今度こそ!と思ったものの、またまた話しかけることができませんでした。


イケメンぶりに怖気付いたから…。

成長してねぇな!私!

自意識のかたまり…。

自分のルックスがそんなに良くないのはもう分かってるし、色々人生経験して「私もなかなか良くやってるじゃん!」と思えるようになったのに。

A君に堂々と対峙できない私。

あと少し、自分に自信がない。

それがすごく悔しかった。


もう恋心は抱いていない。しかし、あんなに憧れていた人だから、話しかけてみたい。今度は気軽に。話をしてみたら、意外と普通の人なのかもしれない。


ただ、やはりルックスは普通ではなく、結婚式場でも抜群のスタイルで目立っていました。そんなイケメンに生まれて、陸上の才能もあって、君はどんな人生を歩んできたの?

どんな人なの?


ちなみに、私とA君のイメージ図です。

ルックスが違いすぎる…!

f:id:yashiko884:20170320212207j:plain


昔は好きだったけど、ここまでルックスに差があると付き合うとか想像もできない。

一緒にいても落ち着かないし楽しめないかもしれない。

イケメンが必ずしもいいわけではないな。


一緒にいて落ち着く人がいいな。


次にもしA君に遭遇したら、ビビらずに気軽に話しかけることができる自分になっていたい。