読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるまま、思うまま日記。

婚活や恋愛、仕事を通して自分の幸せについて考える28歳のわたし。

片思い終了!振られました!

厳密には、振られてはいません。

好きな人に「好きです。」と伝えたところ、「そんなこと言われるとは思わなかった。考えさせてください。」と言われ、何も返事がないまま1ヶ月が経とうとしています。


振られては、いません。

でも、返事がないのは言いにくい返事だからなのだと思います。

そもそも、脈なんてなかった。

相手は同じ職場の先輩でしたが、複数で飲みに行った際に「同業者とは付き合いたくない。」と言っていましたし、連絡先を交換した後、何度か2人で飲みに行こうと誘ったものの上手くかわされてしまいました。


彼は私のことを、同僚以上の存在として見ることができなかったのだと思います。

彼は私に興味がない。でも、私は彼にとてもとても興味がありました。


婚活を通して「愛されるより、愛したい…!!」と感じていた私は、片思いでもいいと思っていた。

せっかく出会えた好きな人に、とにかく好きと言いたかった。見返りを求める気持ちは一切なかった…と言ったら嘘になりますが、そして、失恋はやはり胸が苦しいものですが、「好きだ」と思える人に出会えたことはやはり良いことだと思いました。


彼のハキハキしたところ、大きな声で笑って裏表がなく素直なところ(でも繊細なところ。少し腹黒そうなところ。)が大好きでした。

人を好きになると、その人の良いところを真似しようという気持ちになって自分も成長できます。

また、自分の弱さや情けなさ、ダメなところが露呈されて、それはちょっと嫌な気持ちにはなるけれど、そういう自分に気づいてもがいたり、そんな自分を受け入れたりできたら、それもまた成長に繋がる気がします。


自分が大好きな人に、自分は愛してもらえないということはやはり辛いものですが、きっと、同僚として彼は私のことを信頼してくれていました。

私の気持ちの方が大きくて、好意の種類が少し違っただけです。

相手の気持ちは誰にもどうしようもない、努力ではどうにもならないことです。


私には恋人やパートナーはいないけれど、失恋した時に励ましてくれる人はいます。

自分の好きな仕事に没頭できる環境があります。


ないものや手に入らないものを渇望して、望み叶わず絶望するより、今あるものや気づけばそこにある大切なものや人に感謝して希望を抱いて生きていこうと思います。


今人気のドラマ『カルテット』の第9話で家森が「人生やり直しスイッチ」の話をしていましたが、私も押しません。


押したくなる時はたくさんある。

親がいなくなったら押そうと思ったりもしているのですが、まだ見ぬ世界にはまだ知らぬ愛や希望や夢があるかも!と思って、また、今ある幸せもなかなか良いものだと信じて押さずにいようと思います。


色んな人に連絡して、甘えて、浅く広く依存して、とどまります。