徒然なるまま、思うまま日記。

社会の荒波に揉まれながら、人生について考える29歳のわたし。

どんなに仲が良くても、いつか友達は離れていくと思ってる。

私の友達が、友達関係のことで悩んでいました。


子育てに関する考え方の違いで言い合いになり(冷静にお互いの考えを述べ合う)、お互いの考えを理解し合えないままになった。

友達の友達はこれから、しばらく海外へ行くことになっています。


私の友達は、腹を割って話せないまま離れ離れになってしまうことで、彼女との関係が切れてしまうことを不安に思っているようでした。

私から見ても、2人はとても仲のいい、特別な友達同士でした。だから友達が彼女との関係が切れてしまうことを恐れるのはわかります。


しかし、そんな2人だからこそ、このまま離れてもまた次に会う時には仲良くできるのではないか、と私は思います。


28歳にもなると、仕事が忙しかったり、結婚して子育てに励んでいたり。友達と会う暇はなかなかありません。

それに、学生時代の友達は特に。別々の人生を歩むうちに、価値観や考え方の違いが生まれ、以前のように仲良くできなくなることがあります。

かなり仲が良い友達だったら、価値観や考え方の違いをお互いに認め合い、応援し合い、良い関係でいられるのですが、そういう友達は数少ない貴重な存在です。


だから、私は、友達はいつか疎遠になるものだと思っています。

たまに会って、「元気にやってる?」と言って色んな話をする…そういう付き合い方しかできない。しかも、そういう付き合いができる友達はごくわずか。


それでいいと思っています。

自分の人生、友達の人生、それぞれの人生を頑張っていたら、友達付き合いをする暇がないのわかります。

自分の父や母も、一切学生時代の友達と連絡を取っていないようですし。大人ってそんなものなんだと思います。


大人になってから、職場で仲良くなった人なんかは、頻繁に連絡を取ることもあります。ただし、なかなか仲良くなれる人は少ない。

大人になってから友達を作るのは難しいなと思います。


だからこそ、学生時代の友達は大切にしたいですが、難しいです。

毎日同じ教室で一緒に過ごしていた青春時代は、貴重なものだったんだなぁって歳をとればとるほど思います。


友達はずっと一緒にいられない。

そう思ったら、やはり人生のパートナーが欲しくなってしまいます。


婚活はしばらく休もうと思っていますが、パートナーについて、自分の幸せについて考えてみようと思います。

最近、この本を読みました。読んだらやっぱりパートナー欲しい!と思ってしまった。