徒然なるまま、思うまま日記。

人生について考える、ついに三十路を迎えた私。

言葉の端々に幸せな家庭が感じられて羨ましかった。

今年から一緒に仕事をすることになった方と話をした。


仕事の方針や、やり方について、かなり考え方が違ったので、長話になった。


考え方の違いは仕方がない。

お互いのやり方でやっても支障はない。割り切って考えていくことにした。


それとは別に、私は彼の言葉の端々から、彼が家族に愛されていることや、家族を愛していることが感じられて、羨ましかった。


「家族が心配するから」「家族に迷惑がかかるから」「家族も大変だねって笑うんです」とか。


大変だ、と言いながらも笑顔でいられるのは、彼が家族に愛されて愛しているからだと感じた。


私はカウンセリングに行くようになって、家族が私にとっては癒しの存在ではなく、むしろ重荷だと感じていることに気づいた。


いや、カウンセリングに行く前からそう思っていた。家族と一緒にいるより、1人で暮らしていく方が楽だ。


しかし、羨ましい。自分の困難を一緒になって考えてくれる家族がいて。自分のことを心配してくれる家族がいて。

私にも、そんな風に家族のことを思っていて、家にいることで安心していた頃があった。まだ子供の頃はそうだった。


でも、今はそう思えなくてそう思えない自分が悲しい。私もまたいつか、そういう幸せを感じられる時が来るのだろうか。


誰かと家族になって、一緒に暮らす。

一緒に笑って困って、乗り越えていく。

日々を一緒に過ごす幸せ。


考えてみたけど、手に入れるのがとてつもなく難しい気がしてならない。

恋人もいない私に、そんな幸せは訪れるのだろうか。


私には別の幸せがあるんじゃないかな?

と思ってしまいました。


家族ってなんだろう。

3回のカウンセリングで得たもの。

今日までで、週に1度、計3回のカウンセリングを受けました。3回のカウンセリングで色んな話をしました。


1回目→仕事の話。これまでの楽しかったこと辛かったことの話。


2回目→母親の話。家族の話。


3回目→ここ数年、同じ悩みの繰り返しである…ということに気づいたという話。不安をいかにして減らすかの話。


色々話をしてみた結果、気づいたこと。



私、考えすぎ。

悩みすぎ。心配しすぎ。



何の確証もないのに、不安になって動けなくなって、今やるべきことに集中できない。

不安すぎて不安になって、無駄な時間を過ごしてるやん私…!!と思いました。


不安になるたびに友達に励ましてもらって、立て直して、しばらく頑張ったらまた不安になって落ち込む。

不安になるたびに頼ってしまう友達にも申し訳ない。


自分で自分を立て直したいし、自分の好きなようにしたい。



色んなことを不安に思って心配して、自信をなくして。よくこんな私に友達はいつも付き合ってくれてた。


それでも苦しくてなんとかしたくて、カウンセリング受けた。不安に頭が持っていかれないようにして、これからはやるべきことを1つ1つやっていく。


先生に教えてもらった、不安の木に水をあげない方法を実践してみる。不安になったら紙に書いて、容れ物の中に入れて考えないようにする。


これでなんだか上手くいくような気がしてきた。全て私が心配しすぎ。不安でいすぎ。

1つ1つやればいい。


母親に対して昔のことで許せないこととか、仕事で辛かったこととか、過去の辛い出来事にもあまりとらわれず、これからの楽しいことを増やしていけたらいいなぁと思う。


自分次第で楽しくなる気がする。


ネットで検索して、気になる人の気持ちを勝手に考えるのもやめよう。


人の気持ちをいくら考えたって、その人にしかわからない。


↓不安ボックス

不安になったら折り紙に書いて、これに入れます。可愛いやつにしたから、いっぱい入れたくなってしまうけどいいんだろうか…まぁ今日からやってみよう。

f:id:yashiko884:20180512223401j:plain


あ!さっそく心配してる私…。

面倒な性格だなぁ。

毎日しぬことを考えるようになったので、カウンセリングを受けた。

本当にしぬつもりはないけど、何か上手くいかないことがあると、しにたい。


上手くいったとしても、しにたい。


これから先のことを考えると、しにたい。


これから楽しいことがあるとしても、きっと苦しいことが多いだろう。しにたい。


頑張るのはしんどい。しにたい。


毎日毎日、こういう風に考えながらも仕事に追われてバタバタ過ごしていました。


そんな中で、誕生日を迎えてついに三十路。

ここ数年、落ち込んでは立ち直り、同じ悩みをぐるぐると抱え、最近はしにたいしにたいと毎日考えて、苦しかった。


自分の心を穏やかに保てない。どうにかしたくて、カウンセリングに行ってみました。


心理学の本など、色々読んだりして、友達にも沢山話を聞いてもらって、私は自己肯定感が低いことに気づいてどうにかしようとしたけど、自分の力ではもう難しいなと思いました。


専門家の力を借りて、生きづらさ苦しさを消したかった。


ネットで調べて出会ったカウンセリングの先生は、優しく話を聞いてくれました。


話をしている間は、やっぱり生きるのはしんどい、しにたいしにたいという思いが募ってだらだらとネガティヴな話ばかりしていました。


でも、カウンセリングに行ってから、しにたいと考えなくなりました。そういう思いが浮かばなくなった。心が軽くなった感覚があった。

話をしている時には「人生は楽しいですよ」と言われても頑なに否定して嫌だ嫌だと思っていたけど、今は少しだけ楽しいかもしれないと思える。


先生に、小さい頃から遡って「何が楽しかった?辛かった?」って聞かれて色々気づいた。


私はそんなに辛い経験ってしてない。

自分で思うより。楽しい経験たくさんあった。でも、楽しかったことと言われて浮かぶのは学校での出来事ばかり。


家族との思い出がほとんど浮かばないことに気づいた。私は家にいるのが嫌でたまらなかった。機嫌を損ねると口をきいてくれない母親。母親の顔色を伺って内心ビクビクしながら過ごしていた家はとても居心地が悪かった。


学校でも友達ができなくて悩んだりしたけど、分かり合える笑い合える友達がいて、私に沢山のことを教えてくれる学校はとてま楽しくて大切な場所だった。


だから私は教師になりたくて、なったのかもしれない。そう思うと嬉しかった。


家族への恨みや色々我慢してきたことがむくむくと出てきて、会いたくない。家族に。


今度2回目のカウンセリングに行く。

また何か新たな気づきがあるだろうか。


いつも頼っている友達がいるけど、いつまでも頼るわけにはいかない。心にあるしこりのようなものが取れると良いなと思う。

嫉妬してしまう苦しさから逃れたい。

半年前に振られてからも好きだった同僚に、とうとう彼女ができてしまい、毎日苦しくてたまらないです。


振られてからも、とても仲良くしていました。同期の女の子も含めてよく3人でご飯に行きました。悩みがあるから聞いてほしいと言った時には2人でご飯にも行ってくれました。


嫌なことがあって、夜中に眠れないから電話で話がしたいと言った時には、話を聞いてくれました。

LINEすると返事を返してくれるし、話が続くこともあります。

他の男性の同僚とご飯に行った時は、LINEで「楽しかった?」って聞かれて、若干ヤキモチを焼かれているように感じました。

少し前に誕生日を聞かれたので教えたら、覚えていてくれました。


もしかしていつか…?


でも、向こうから誘われたことってほとんどないし、LINEもいつも私から。

2人きりで会った時は、彼はあまり話さない。沈黙。

バレンタインに、彼にだけにチョコをあげたのに、彼からのホワイトデーのお返しは明らかに義理チョコへのお返しでした。みんなと同じやつ。何個もらったんだよ、君。


脈はなかった、初めから。


優しいから勘違いしてしまう。

一緒に研修を受けて、お互いにアドバイスし合いながら頑張ってきた。いっぱい楽しい時を過ごしたから、どうしても離れがたい。

友達でいいから、このまま仲良くしたい。


でも苦しい。

新年度から研修がなくなって、私と彼の仕事上の接点はかなりなくなった。

同僚と楽しそうに談笑したり、仕事に励んでいる姿を見ると嫉妬してしまう。

しかも、彼は優秀で大事な仕事を任されていることも嫉妬の要因となる。


でも、嫉妬の正体は違う感情だ。

本当は、寂しい。去年はいっぱい一緒に過ごしたのに、もう仲良くしてくれないんじゃないかって不安で悲しくて寂しい。


優秀な彼への嫉妬も、本当は自分への失望と情けなさ。彼と自分を比較して、自信を失くしている。


そう思ったら、素直になったらいいのかもしれない。

変な意地をはらずに、これからも彼をご飯に誘ってみよう。仲良くしよう。

自分のできてないところを認めて、少しでも成長できるようにしよう。


忘れようとして、他の人に目を向けようとしてもなかなか上手くいかない。

だったらやはり、素直になるしかないのか。

苦しいなぁ。

好きな人に彼女ができた。

恋

  • 奥 華子
  • J-Pop
  • ¥250

好きな人に彼女ができた。

同期の3人で仲良く飲み会して、「もしかして彼女できた?」って何気なく聞いたら、


「できたよ。」だってさ。



嘘だったらいいのにって思った。



相手の女性は私より年上らしい。年上の女性と付き合うのなら、なぜ私じゃダメなの?そんなアホなこと考えてしまった。


去年の8月に「そういう風に見れない」って振られてるのに、どこかで「いつかもしかして…」と期待してしまっていた私が、悲しんでいる。


同期として仲良くできればいいと思って、仲良くして、彼の良いところを見つけるたびにますます惹かれてしまっていた私が、悲しんでいる。


手を繋いだり、ハグしたり、そんな欲望を抱いて妄想してた私が、悲しんでいる。


同期として仲良くするだけで満足できないのはなんでだろう。他の女の人と仲良くしてるのを見たくない。



なんで私が好きになる人はいつも、私のことを好きになってくれないんだろう。


なんで私はいつも、好きなのに素直に態度に出せないんだろう。それは怖いから。

好きなのに嫌われるのが怖いから近づかない。でも好きだから近づきたくて、急に好きな気持ちをぶつけてしまう。


傷つきたくないけど、好きになって欲しい。恋愛は自分勝手な自分に自己嫌悪したり、傷ついたりすることばかりで嫌だな。

私を好きになってくれそうな人を、私は好きになれなくて傷つけてしまうこともある。


他に男の人はいくらでもいるのに、たった1人の人に好きだってことを受け入れてもらえないことで、どうしようもなく自信をなくしてしまう。

いくら仕事が上手くいってても、自分のことを大切に思ってくれる家族や友人がいても。


たまたまYouTubeで見つけた奥華子さんの歌の歌詞が私が思ってることとぴったりで、叶わない恋をしている人は、みんな同じ気持ちなんだなぁって思った。悲しい苦しい寂しい。

好きな人から胃袋を掴まれた話。

ひっそり片思いしながら、同僚として仲良くしている彼の家に遊びに行きました。

同期の女の子と一緒に。

男1、女2の3人で楽しくピザを食べ、録画してあったドラマ「ガリレオ」を第1話から10話まで一気に観るという、とても楽しい夜でした。


朝になり、空腹を感じ始めた女子2人。

そのとき彼が、冷蔵庫にある卵でササッと作ってくれた卵焼きがとても美味しかった。

甘いやつじゃなくて、ダシの味がする卵焼き。綺麗に焼いて、食べやすいように包丁で切り分けてくれていた。


「ご飯…ご飯食べたくなるね!」と私たちが呟くと、ササッと米を炊いて出してくれた。


他にも。部屋に入ったらブランケットが用意してあったし、何よりとても清潔感のある部屋で快適。床にはフワフワのラグが敷いてあって、眠くなった私はそのフワフワのラグの上でしばし眠った。

大きなソファもあって、眠くなった私はその上でもしばし眠った。


ピザを食べ終えた後、タイミングよく出されたのはブルーベリーの紅茶。


トイレも清潔感があってとても綺麗にしてある。


…完璧だった。色々な面で。

どうしてそんなに気遣いができるのか不思議。私の父親は典型的な九州男児だから、家事は一切しない。だから、こんなに家庭的な男の人を見るのは初めてで、すごくいいなと思った。


卵焼き、また食べたい。

すっかり胃袋を掴まれてしまった。


しかし、ちょっと悔しいと思う自分もいる。

女だけが家事をするなんて不公平だと思いつつも、男性が自分より料理が上手いとなるとなんか…負けた気がして悔しい。


最近忙しくて全然料理してなかったけど、久々に肉じゃがとお味噌汁を作ってみたりした。美味しい。


でも、やっぱりあの卵焼きが美味しい。

食べたい。


特別な感情はないんだろうけど、好きな人が自分の為に作ってくれた料理を食べるのって、幸せだなぁと思った。


あの時は嬉しかったのに、今日は好きな人がなんだか冷たくてかなり悲しかった。

鼻声だったから、体調が悪かったのかな。軽く冗談言ったりしたけど、笑ってくれなかった。笑顔が見たい。

些細なことで嬉しかったり、悲しくなったりしてしまって、ちょっと苦しい。


明日は、明日話せたら優しくされたいし、笑顔が見たい。でも、そういえば私も冷たくしたり、無愛想にしてるかもしれない。

私も彼に優しくしよう。

一緒にいると元気を奪われる人には近づかない。

余程嫌な人で意地悪されない限り、人のことを嫌いにならない方ですが、やっぱり苦手な人はいます。


嫌いなわけじゃない、良い部分があるのも知っているんだけどなーんか苦手な人。


例えば、よく喋る人。

よく喋ることが悪いわけじゃない。私はあまりお喋りが得意じゃないから、喋る人の方が良いとも思うけど、大事なのは話す内容。

この前、数名でご飯に行った時、その中の1人がとてもよく喋る人だったんだけど、その内容のほとんどが、職場の人間関係…誰と誰が仲が悪いとか、あの人はあの人のことを嫌っているとか。


あとは、自分の話。自分は今までこうしてきた、今こんなことをしている…などなど。


その人は話が上手だから、面白くて笑ってしまうんだけど、よくよく考えると人のことを結構悪く言ってるから、なんだか後で心が重くなる。疲れる。

誰のことが好きで、誰のことを信じているんだろう?あの人は。


とても気遣いができて仕事ができて、いつもニコニコ笑っているけれど、誰からも好かれようとしているようにも思えてきた。

だけど、人の犠牲になってるわけではなく、自分の信念を貫きながら仕事をしている。周りと競いながら、周りを批判しながら。

怖い。一緒にいるときは何も言われないけど、他の人といるときは私のことを悪く言ってるんじゃないかと思うと。


その人とは別の人で、なぜかその人と接すると、心が重くなる…という人がいる。

その人は明るく活発で仕事ができる。優しさもある。だけど、以前「社会で使えない人間だね」という言葉を使われて、それで深く傷ついて以来苦手になった。

話をするとき、自分の話ばかりでこちらの話には全く興味がなさそうな様子なのも心が重くなる。

私が苦手に思っているのが伝わっているのもあるのかもしれない。苦手だ。


もう1人。すごく仕事ができて、いつも早足で歩いてて、テキパキした人。

私が失敗するとフォローもしてくれるけど、めちゃくちゃ怒ってくる。

私が明らかに悪いので反論の余地はないのだけど、言い方がとてもきつい。

強い口調で早口でまくしたてる。


この前、少し聞きたいことがあったので、タイミングを見計らっておずおずと尋ねたところ、

「そんな事を聞くために待ってたんですか?」と言われてサッサと通り過ぎていかれた。涙が出そうになった。


機嫌がいいときは優しいけれど、

「なんで何もしないんですか?」「なんで出張から戻ってこないんですか?」

言い方がとにかくきつい。


私がきつくて、いっぱいいっぱいな時に、よりによってそんな時に怒られることが多いからいつも傷つく。


私の為に怒ってくれていると感じる時もあるけど、私の失敗の責任が自分に来そうだから怒ってるようにも感じるところが嫌だ。

「私はできる。失敗しない。なんでみんなそんなにできないの?」とでも言わんばかりの雰囲気のその人は、恐ろしくて苦手だ。



3人ともタイプはそれぞれ違うけど、共通しているのは、思いやりが感じられないところ。私に対してだけなのか、それともどんな人に対してでもなのか。


きっと私の感じ方なんだろうと思うし、良い部分があるのもわかってるけど、どうしてもこの人たちと関わると心が重くなるから、なるべく関わらないようにしたい。

心を開かずに、自分の心にバリアを張りながら、表面では当たり障りなく笑顔を向けたりなんかもしながら。


自分の心を守らないと泣いてしまいそう。


逆に、優しい優しい言葉をかけてくれる人もいるから、そういう人たちを大事にしていきたい。

私のことを思いやってくれる人。会うと元気が出る人。人のことを悪く言わない人。誰かが傷つくことを悲しむことができて、人を傷つけることをしない人。

そういう人たちに優しくしたい。一緒にいたい。


会うと元気を奪われる人には近づかないし、その人たちにどう思われたっていいやって思うことにしよう。

誰にでも良い顔しようとしてしまってたけど、どーーーしても苦手な人はいる。

無理に付き合う必要はない。逃げよう。