徒然なるまま、思うまま日記。

人生について考える、ついに三十路を迎えた私。

携帯を見ながらニヤニヤする彼を見て察した。

幸せなのかもしれない、彼は。

携帯を見ながらニヤニヤするなんて、きっと彼女からのLINEを見てるに違いない。


ようやく諦めがつきそうになってきた。

今でも彼の一挙一動が気になるけど、でも私の入る隙はない。いつも楽しそうに笑っている。


私の方は、慣れない仕事を引き受けたもので、苦しくて辛くて。

不満が顔に出ていそうで怖い。


私の仕事は、どんなに最善を尽くしても誰かに批判される。

多くの人が関わる行事を動かす仕事だから、良いという人もいれば、悪いと言う人もいる。


初めは少しでも良い仕事ができるように頑張るつもりだったけど、頑張れば頑張るほど辛くなってきた。

色んな立場の人から色んな意見を言われる。


誰からも褒められることもない。

褒められるために仕事してるわけじゃないけど、何も得られない感じがする。


手を抜いて、耳を塞いで、やり過ごすことが最善策なんだと思い知る。


潰れそう。このままでは。

いっそ潰れてしまえと思う。


しにたい

あと少しで何かが吹っ切れそうな、30歳。

ここ数年自分に自信がもてずにモヤモヤと悩み、自己肯定感の低さに苦しみ続けてきましたが、なんだか吹っ切れそうになってきました。


仕事では自分の能力の無さに悩んでいた。でも、仕方ないじゃん!コツコツやるしかないじゃん!少しずつそう思えるようになりました。


もしかしたら、ウダウダ悩む体力がなくなったのかもしれません。悩む暇あったら、1つでも仕事片付けよ〜って思う。


プライベートでは、恋人がいない寂しさと孤独に悩んでいた。

しかし、1人って、楽。休みの日に家から一歩も出ずにゴロゴロするのがマイブーム。

ダイゴ(メンタリストの方)のYouTubeを観るのもマイブーム。

1人でぼーっとして、ぼーっとできることにホッとする。安心安全。


上手くいかないことや、焦ることも多いけど、前もこんなことあったな〜どうすれば上手くいくかな?と冷静に考えられるようになった。


少し余裕が出てきたのか、髪の毛のお手入れにはまった。ずーっとショートだったけど、伸びてきた髪にトリートメントをつける。自分の髪からバラの香りがする…!

女子っぽい…!!!!


なんとなく避けてきた女らしさの追求というか、女を楽しむことを素直にできるようになった。いつも穏やかな気持ちで余裕を持っていたい。


今だけかもしれないけど、この感じ…ちょっとこの力の抜けた感じ…持続できるといいな。


今もある仕事に追われて心が重くなるけど、今までもなんとかなってきたんだから、どうにかこうにかできる気がする。

そのために、今できることをやる。


遅くまで職場に残って残業するのもなるべくしないようにしている。

効率が悪いと思いながらも終わらないから残ってたけど、残ってやってもどうせ終わらないって良い意味で諦めることにした。


残業で疲れて睡眠削って。

自分を責めてウダウダ悩んで。


このままだとまじで病む。

カウンセリング受けたくらいだし、危なかったし今でも油断すると危ない。


切り替えていくことにする。

自分を大切に。

私を心配してくれる人が現れて、不毛な片思いに終わりが見え始めた。

最近ちょくちょくご飯に誘ってくる同僚がいます。


断る理由もないし、今年から仕事でよく関わるようになったので、親睦を深めておくのも悪くないか…と思って断らずに食事に行きました。


食事に誘われる…

なんか色々褒められる…


脈アリ?かもしれない。しかし、私は彼に興味がない。歳下だし、仕事ぶりを見ていると頼りなくて。


私が未だに未練を断ち切れない片思いの同僚は、仕事ができていつも余裕がある落ち着いた雰囲気。


つい比べてしまって「うーん」と思ってしまう。


好きだけど報われない状態より、好かれる方が良いって思いながらも、気持ちがすすまない。


次に誘われたら断ろうかなと思っていた。

だけど、頼りないくせに私が最近仕事が大変で病んでるんじゃないかって勝手に心配して、私と仲良い子にも私が大丈夫か心配って話をしてたらしくて。


なんなんだ一体。


断るつもりが、まぁ行くか何も予定ないしと思ってご飯に行ったら、結構楽しくて。


気づいたら、好きな人への気持ちが少し冷めて彼への興味が湧いてきた。少しだけ。

ほんの少しだけ。


心配されるって久しぶりだなぁ。

私の好きな人も、私が病んで変なライン送ったら話を聞いてくれたけど、向こうから心配されたことはない。


私が助けを求めたら助けてくれるけど、そうじゃない時は何も。

でも、彼は、私が助けを求めてないのに、っていうか全然大丈夫なのに心配してくる。


君に心配されるほどヤワじゃないよ!

と言いたい。でも、少し嬉しかったかも。

素直に甘えてみたらどうなるかな?と思ったりもした。

言葉の端々に幸せな家庭が感じられて羨ましかった。

今年から一緒に仕事をすることになった方と話をした。


仕事の方針や、やり方について、かなり考え方が違ったので、長話になった。


考え方の違いは仕方がない。

お互いのやり方でやっても支障はない。割り切って考えていくことにした。


それとは別に、私は彼の言葉の端々から、彼が家族に愛されていることや、家族を愛していることが感じられて、羨ましかった。


「家族が心配するから」「家族に迷惑がかかるから」「家族も大変だねって笑うんです」とか。


大変だ、と言いながらも笑顔でいられるのは、彼が家族に愛されて愛しているからだと感じた。


私はカウンセリングに行くようになって、家族が私にとっては癒しの存在ではなく、むしろ重荷だと感じていることに気づいた。


いや、カウンセリングに行く前からそう思っていた。家族と一緒にいるより、1人で暮らしていく方が楽だ。


しかし、羨ましい。自分の困難を一緒になって考えてくれる家族がいて。自分のことを心配してくれる家族がいて。

私にも、そんな風に家族のことを思っていて、家にいることで安心していた頃があった。まだ子供の頃はそうだった。


でも、今はそう思えなくてそう思えない自分が悲しい。私もまたいつか、そういう幸せを感じられる時が来るのだろうか。


誰かと家族になって、一緒に暮らす。

一緒に笑って困って、乗り越えていく。

日々を一緒に過ごす幸せ。


考えてみたけど、手に入れるのがとてつもなく難しい気がしてならない。

恋人もいない私に、そんな幸せは訪れるのだろうか。


私には別の幸せがあるんじゃないかな?

と思ってしまいました。


家族ってなんだろう。

3回のカウンセリングで得たもの。

今日までで、週に1度、計3回のカウンセリングを受けました。3回のカウンセリングで色んな話をしました。


1回目→仕事の話。これまでの楽しかったこと辛かったことの話。


2回目→母親の話。家族の話。


3回目→ここ数年、同じ悩みの繰り返しである…ということに気づいたという話。不安をいかにして減らすかの話。


色々話をしてみた結果、気づいたこと。



私、考えすぎ。

悩みすぎ。心配しすぎ。



何の確証もないのに、不安になって動けなくなって、今やるべきことに集中できない。

不安すぎて不安になって、無駄な時間を過ごしてるやん私…!!と思いました。


不安になるたびに友達に励ましてもらって、立て直して、しばらく頑張ったらまた不安になって落ち込む。

不安になるたびに頼ってしまう友達にも申し訳ない。


自分で自分を立て直したいし、自分の好きなようにしたい。



色んなことを不安に思って心配して、自信をなくして。よくこんな私に友達はいつも付き合ってくれてた。


それでも苦しくてなんとかしたくて、カウンセリング受けた。不安に頭が持っていかれないようにして、これからはやるべきことを1つ1つやっていく。


先生に教えてもらった、不安の木に水をあげない方法を実践してみる。不安になったら紙に書いて、容れ物の中に入れて考えないようにする。


これでなんだか上手くいくような気がしてきた。全て私が心配しすぎ。不安でいすぎ。

1つ1つやればいい。


母親に対して昔のことで許せないこととか、仕事で辛かったこととか、過去の辛い出来事にもあまりとらわれず、これからの楽しいことを増やしていけたらいいなぁと思う。


自分次第で楽しくなる気がする。


ネットで検索して、気になる人の気持ちを勝手に考えるのもやめよう。


人の気持ちをいくら考えたって、その人にしかわからない。


↓不安ボックス

不安になったら折り紙に書いて、これに入れます。可愛いやつにしたから、いっぱい入れたくなってしまうけどいいんだろうか…まぁ今日からやってみよう。

f:id:yashiko884:20180512223401j:plain


あ!さっそく心配してる私…。

面倒な性格だなぁ。

毎日しぬことを考えるようになったので、カウンセリングを受けた。

本当にしぬつもりはないけど、何か上手くいかないことがあると、しにたい。


上手くいったとしても、しにたい。


これから先のことを考えると、しにたい。


これから楽しいことがあるとしても、きっと苦しいことが多いだろう。しにたい。


頑張るのはしんどい。しにたい。


毎日毎日、こういう風に考えながらも仕事に追われてバタバタ過ごしていました。


そんな中で、誕生日を迎えてついに三十路。

ここ数年、落ち込んでは立ち直り、同じ悩みをぐるぐると抱え、最近はしにたいしにたいと毎日考えて、苦しかった。


自分の心を穏やかに保てない。どうにかしたくて、カウンセリングに行ってみました。


心理学の本など、色々読んだりして、友達にも沢山話を聞いてもらって、私は自己肯定感が低いことに気づいてどうにかしようとしたけど、自分の力ではもう難しいなと思いました。


専門家の力を借りて、生きづらさ苦しさを消したかった。


ネットで調べて出会ったカウンセリングの先生は、優しく話を聞いてくれました。


話をしている間は、やっぱり生きるのはしんどい、しにたいしにたいという思いが募ってだらだらとネガティヴな話ばかりしていました。


でも、カウンセリングに行ってから、しにたいと考えなくなりました。そういう思いが浮かばなくなった。心が軽くなった感覚があった。

話をしている時には「人生は楽しいですよ」と言われても頑なに否定して嫌だ嫌だと思っていたけど、今は少しだけ楽しいかもしれないと思える。


先生に、小さい頃から遡って「何が楽しかった?辛かった?」って聞かれて色々気づいた。


私はそんなに辛い経験ってしてない。

自分で思うより。楽しい経験たくさんあった。でも、楽しかったことと言われて浮かぶのは学校での出来事ばかり。


家族との思い出がほとんど浮かばないことに気づいた。私は家にいるのが嫌でたまらなかった。機嫌を損ねると口をきいてくれない母親。母親の顔色を伺って内心ビクビクしながら過ごしていた家はとても居心地が悪かった。


学校でも友達ができなくて悩んだりしたけど、分かり合える笑い合える友達がいて、私に沢山のことを教えてくれる学校はとてま楽しくて大切な場所だった。


だから私は教師になりたくて、なったのかもしれない。そう思うと嬉しかった。


家族への恨みや色々我慢してきたことがむくむくと出てきて、会いたくない。家族に。


今度2回目のカウンセリングに行く。

また何か新たな気づきがあるだろうか。


いつも頼っている友達がいるけど、いつまでも頼るわけにはいかない。心にあるしこりのようなものが取れると良いなと思う。

嫉妬してしまう苦しさから逃れたい。

半年前に振られてからも好きだった同僚に、とうとう彼女ができてしまい、毎日苦しくてたまらないです。


振られてからも、とても仲良くしていました。同期の女の子も含めてよく3人でご飯に行きました。悩みがあるから聞いてほしいと言った時には2人でご飯にも行ってくれました。


嫌なことがあって、夜中に眠れないから電話で話がしたいと言った時には、話を聞いてくれました。

LINEすると返事を返してくれるし、話が続くこともあります。

他の男性の同僚とご飯に行った時は、LINEで「楽しかった?」って聞かれて、若干ヤキモチを焼かれているように感じました。

少し前に誕生日を聞かれたので教えたら、覚えていてくれました。


もしかしていつか…?


でも、向こうから誘われたことってほとんどないし、LINEもいつも私から。

2人きりで会った時は、彼はあまり話さない。沈黙。

バレンタインに、彼にだけにチョコをあげたのに、彼からのホワイトデーのお返しは明らかに義理チョコへのお返しでした。みんなと同じやつ。何個もらったんだよ、君。


脈はなかった、初めから。


優しいから勘違いしてしまう。

一緒に研修を受けて、お互いにアドバイスし合いながら頑張ってきた。いっぱい楽しい時を過ごしたから、どうしても離れがたい。

友達でいいから、このまま仲良くしたい。


でも苦しい。

新年度から研修がなくなって、私と彼の仕事上の接点はかなりなくなった。

同僚と楽しそうに談笑したり、仕事に励んでいる姿を見ると嫉妬してしまう。

しかも、彼は優秀で大事な仕事を任されていることも嫉妬の要因となる。


でも、嫉妬の正体は違う感情だ。

本当は、寂しい。去年はいっぱい一緒に過ごしたのに、もう仲良くしてくれないんじゃないかって不安で悲しくて寂しい。


優秀な彼への嫉妬も、本当は自分への失望と情けなさ。彼と自分を比較して、自信を失くしている。


そう思ったら、素直になったらいいのかもしれない。

変な意地をはらずに、これからも彼をご飯に誘ってみよう。仲良くしよう。

自分のできてないところを認めて、少しでも成長できるようにしよう。


忘れようとして、他の人に目を向けようとしてもなかなか上手くいかない。

だったらやはり、素直になるしかないのか。

苦しいなぁ。