徒然なるまま、思うまま日記。

どうすればもっと楽に生きられるのか悩む、三十路の私。

2人なら喋れるのに、4人以上だと喋れない。

長年の悩みなのですが、4人以上の人の集まりが苦手です。


友達と2人でご飯に行くと、2人で色んな話をして楽しく過ごすことができます。


なのに、友達4人くらいで集まってご飯…となると、かなり仲のいい友達同士で集まっていても、会話に入ることができません。

話を聞いてないわけでも、つまらないわけでもない。ただ、発言ができない。

発言するタイミングがわからない。言おうとした言葉を言う前に、話の流れが別の方向へ行ってしまいます。


学生時代からそうでした。

だから、飲み会や合コンはかなり苦手です。ほとんど喋らない。

女子会もちょっと苦手。

付き合いが長い友人なんかは、私のそんな特性を知っているからか、上手く話を振ってくれるのですが、気を遣わせてしまった!!という罪悪感を感じてしまうこともしばしば。


でも、そういう優しい人に出会うと嬉しい。職場の飲み会なんかでもたまにそういう人に出会いますが、良い人だなぁと思います。


頑張って喋ろうとしたこと、何度もあるのですが、妙に緊張して変な緊張感を出してしまってなかなかリラックスして楽しめません。

「もっと気楽に、思ったこと言っていいんだよ」って言われるけど、なんで私にはそれができないんだろう。


これが、2人ならできる。

一対一なら、リラックスして色んな話ができます。


飲み会や合コンで、自分の話を生き生きと話している人を見ると、羨ましく思います。

あまりにも喋れないので、「自分の話ができない=自分がない=つまらない人間」という風に考えて、勝手に落ち込むこともしばしば。


よくある世間の女の子のイメージで、「ちょっと聞いて〜」なんて言いながら長々と話をするみたいなのがあるし、実際にそういう子を見たことあるんだけど、


そんなに遠慮なく自分の話ができて羨ましいな、と思います。

また、そんなに自分の話を聞いてくれる人がいていいね、とも思います。


根本的に人は好きなので、できれば色んな人と気軽に話をして、本当に気が合いそうで仲良くしたい人とは深く付き合いたいのですが、なかなか難しい。


まぁ今までずっとこうだし、無理して頑張らなくてもいいのかな。

最近はそう割り切って、気がすすまない飲み会や集まりは断るようにしています。

でもちょっと寂しい。


その寂しさの分、彼氏に依存しちゃいそうで怖いです。付き合ってもうすぐ8カ月ですが、最近私の方が想いが強くなりすぎてあまり良くない気がします。


彼氏を優先して色々考えちゃってる気がするので、もっと自分を保っていかなきゃ、彼氏以外の人間関係も充実させなきゃと思い始めました。


しかし、飲み会が苦手な私には、彼氏以外の人間と新たに良い人間関係を構築するのが難しい。彼氏は体育会系なので、礼儀正しく、年上から可愛がられるタイプなので羨ましいです。

お酒が強いので、飲み会も得意。


そういえば、私はお酒も弱いので、それもあって飲み会が苦手です。お酒をたくさん飲めば、会話に入れるかなと思って飲み過ぎてダウンしてしまった(→結局喋れない)…という失敗もありました。


私と同じように、複数の人がいると会話に入れなくなってしまう…という方はいますか?

原因はなんなのでしょう。


他者から自分がどう思われているのかを過剰に気にしてるからかな、と自分では思います。



どうすれば、もっと楽に生きられるんだろう。

初めて彼氏ができた、30歳。

少し前に仕事で嫌なことがあって、落ち込んで母親に愚痴をこぼして、


「あーあ。こんな時に慰めてくれる彼氏が欲しいよ。」


と言ってたのに、その10日後くらいに彼氏ができました。「彼氏ができた」というより、「付き合うことになった、この人と付き合おうと思った」と言う方が、しっくりきます。


どうやったら彼氏ってできるのかなぁと思ってたけど、少しずつ少しずつ、でも気づいたらあっと言う間に。仲良くなって好きになった。


今まで、自分から好きになって距離を縮める前に唐突に告白して「え?!まだそういう風に見れない」みたいなパターンが多かったけど、そのパターンから外れたから上手くいったのだろうか。


仕事で接する機会が増えて、職場の人を含めた複数で過ごすことが何度かあって、たまたま2人でご飯に行くことがあって、そのあとはお互いに誘い合って2人でご飯に何度か行った。


同じ職場だから、彼のちょっとカッコ悪いとことか、頼りないところも見てて、「大丈夫かなこの人?」と思ったけど、


2人でいる時、穏やかに楽しく過ごせるのが不思議で、居心地良くて、いつも優しくて、少しずつ心が動きました。


私のこと見ていてくれて、話を聞いてくれて、好きでいてくれて。

戸惑いながらもじわじわと嬉しい。


接してるうちに意外な一面が見えてくるのも面白い。でもやっぱり少し頼りないけど。

お付き合いしてみようと思います。


彼氏ができたら最強!!!!

全て上手くいく!!


みたいになるのかなぁと思ってたけど、自分でやるべきことはやらなきゃいけないし、あんまり甘えてしまうと自分がどんどん駄目になりそう。


まだ付き合うことになって3日くらいだからよくわかんないけど。


すごく落ち込んで辛い時だけ甘えることにして、少しくらいの嫌なことは今まで通り自分で乗り越えていこうと思います。


年齢的に結婚とかあり得るけど、全然わからない。ピンとこない。まず付き合うってどんな感じかわからない。


付き合うって何?っていう私の疑問に対して、真面目に考えてくれて、

「今までのように同僚としてではなく、仕事上の理由がなくても、会いたい時に会って一緒に過ごすっていうことから始めるのは駄目ですか?」


と言ってくれたので、良い人だなと思った。

真面目に考えてくれた。


私の変なところとかこれから見られたりするかもしれないし、向こうの嫌なとこも見えてくるかもしれないし、ちょっと色々と面倒なことが増えそうだ。


ドキドキワクワクばかりではない。

お付き合いスタートです。

理想のパートナーについて真面目に考えてみた。

独身、彼氏ナシ、28歳の私。

仕事は好きだけど、結婚願望がないわけではない。(ただし、自分の親を見ていて結婚や子育ての大変さを感じていて、結婚にやや悪い印象を持っている。)


とりあえずパートナーが欲しい!

というのは素直にすごく思うので言葉にしてみようと思います。


まず、なぜパートナーが欲しいのか?

①人生が一層楽しくなると思うから。人が好きだから。

1人でも楽しいことはたくさんありますが、自分の体験や感動を誰かと共有できたらもっと楽しいだろうと思います。

もともと、人が好きなので、誰かと深い関係を築いて、その人の色んなところを見ることができるのっていいなと思います。

自分以外の人の考えや感情に触れると、自分の世界が広がる気がします。


②強くなれる気がするから。

自分のことを丸ごと受け入れてくれる人がいたら、いつも味方でいてくれる人がいたら、今以上に色んなことに挑戦できるようになる気がします。

ただし、相手に依存したり頼りすぎたりしないように気をつけないとな、と思います。

甘えたい!甘えて欲しい!誰かに甘え、甘えられることで強くなれる。


では次に、私の「理想のパートナー」とは?


①精神的に強い、大人な人。

上手くいかないことがあっても、落ち込んでも、立ち直って乗り越えられる強さがある人がいいです。

あとは、自分の心を穏やかに保つことができる人。人間なのでイライラすることがあって当然ですが、他人に八つ当たりなんてせずに上手く自分で処理できる人。


②話し合いができる人。

お喋りな人ということではなく、話し合うべき時にきちんと自分の考えを言ってくれる、また、私の話も聞いてくれる人…ということです。

相手との相性もあるのかもしれませんが、お互いの考えを言い合える関係が理想です。

我慢したくないし、相手にも我慢をして欲しくないので、お互いの考えを言い合ってすり合わせて付き合いたい。


あとは私の好みとかになってきます。

笑顔!笑顔が素敵な人。

芸能人なら星野源ディーン・フジオカさんのような笑顔。


あと、ハキハキした喋り方の人が好きです。

ハキハキという感じと少し違う気もしますが、星野源さんのオールナイトニッポンでの話し方も好きです。


あとは仕事を楽しんでいる人も魅力的に感じます。仕事って楽しいだけじゃないですが、楽しさを見出して楽しめるって大人だと思います。色んなことを楽しめる人は素敵です。


どこかにいないかな?

私の理想のパートナー…!

※理想のパートナーイメージ図(星野源)

f:id:yashiko884:20170329225758p:plain


恋愛も結婚もしない人生でよくない?

自分の人生にはパートナーが必要だと考え、人と深く関わりたいと感じて婚活を始めた私。


でも実際に始めてみると。

良い人に出会うことの難しさ、好意を抱かれても素直に受け入れられない自分の不器用さ、好きな人ができるとその人のことばかり考えてしまう苦しさ、に直面してなんだか面倒になってしまいました。


婚活パーティーで出会い、私に好意を抱いてくれていた彼からの連絡が途絶えました。愛想を尽かされたようです。

私が彼に興味がない、他の人のことを想っていることが伝わってしまったのかもしれない。

良い人でした。私じゃない他の人と幸せになってほしい。


私は。好きな人がいるけれど、いわゆる「脈なし」なのではと思うと動けない。

彼の言動を思い出しては、そこから彼の気持ちを推測しようとする…という、とても無駄で愚かなことを繰り返しています。

考えたって相手の気持ちなんて分かるわけないのに。本人に聞かないとわからないのに。


意気地なしな私。

とてもみじめで情けなくて、こういうところが恋愛…というより片思いの嫌なところです。


相手の気持ちを推測せず、ただ相手の言動を思い出しては「ああ、やっぱり好きだなぁ。」と思ってニヤニヤするのは、片思いの楽しいところだと思います。

何の見返りも求めずに「好きだなぁ」と思って、「私もがんばろ」という気持ちになれる。ずっとそれで満足できればいいのに、進展を望むからモヤモヤしてしまう。


そもそも、進展して何かいいことあるのかな。

付き合うこと、結婚することのメリットって何だろう。毎日連絡とりあったり、時々デートしたり、もしかしたら私にとっては鬱陶しいものになるかもしれない。


少し前まで婚活で忙しくしていたけれど、最近は1人で出かけたり本を読んだり。そういう時間がなんだか楽しい。


好きな仕事ができて家族や友達がいて。気の合う同僚もいて。恋人がいなくても結構幸せだと思ったら、わざわざ嫌な思いしたりウジウジ悩んだりして恋愛をすることが無駄に思えてきた。


1年前に、私の人生で唯一の彼氏がいたのですが、それは彼氏と呼んじゃいけないようなくらいの短い付き合いで。

恋人らしいことはしたけど、一緒に色んな話をしていくつもの季節を過ごして、関係を深めていくことはできなかった。


だから、友達でも家族でもない、恋人っていうのがなんなのか私にはわかりません。

わかりたいと思ったけど、わからなくていい、逃げたいと思うようになりました。


誰かが一緒だったらもっと楽しいだろうけど、1人でも楽しく生きていけるんじゃないかなぁ…。

素敵なアラサー男性2人のトークショーに参加してきました。

先日、コピーライターの阿部広太郎さんと社会学者の古市憲寿さんのトークショーに参加してきました。


阿部さんは、林修先生の講義映像の中から「いつやるの、今でしょ?」を見つけてCMに起用したり、ロックバンドであるクリープハイプの宣伝を担当したりして活躍しているコピーライターです。30歳。


古市さんは、テレビでコメンテーターを務めたり、雑誌『ダヴィンチ』等でコラムを連載したり、多方面で活躍する社会学者です。最新の著書は『保育園義務教育化』です。


今回は、阿部さんが本を出版したことで開催されたイベントでした。


トークショーのテーマは「居場所を作るってどうすればいいんだろう?」でしたが、それだけにとどまらずに色んな話が出て面白かったです。


以下、私が印象的だった話をまとめます。


①「自立とは依存先を多く持つことである」

これは小児科医の熊谷晋一郎さんの言葉らしいのですが、阿部さんと古市さんもこれはその通りだと言っていました。

自立と聞くと誰にも頼らず生きていく、というイメージですが、人は必ず人に頼って生きる。電気も水も人によって得られる。

人や物に依存して生きねばなりません。


古市さんは、東京に何かあった時のために、東京以外の地方で仕事を持ったり、友達を作ったりしているそうです。なるほど。


②バッターボックスに立ち続けることが大切。

どんなに才能がある人もいつも上手くいくとは限らない。例えば才能のあるプロデューサーでも、いつも面白くてヒットするドラマを作れる訳ではない。

作り続ける。良い物を作ろうと行動し続けることが大切。


ちなみに阿部さんは、映画『信長協奏曲』の監督にヒットした理由を直接尋ねたところ、「タイトルで勘違いした高齢者が観に来たから。」と答えたそうです。

今、映画の観客は10代と高齢者が多いらしく、元々ドラマの放映で10代の観客が多かった中に高齢者が加わってヒットしたんだとか。へぇー!!!


浜崎あゆみが心配。

古市さんによると、最近のあゆはライブで仲間内にしかわからない話をしたり、歌よりトークを長くしたり、あれでは新規のファンがつかないよ!という感じらしいです。

自分の中に閉じこもり、同じ仲間の中に囲まれていると現状が見えなくなる。

批判してくれる人って大事だよね…という話になりました。


あゆの全盛期を知ってる世代なので、今のあゆにも頑張ってほしいです。今のあゆの魅力を活かして。

あゆの曲では『TO BE』が好きです。


阿部さんは人の良い好青年、古市さんは頭の回転が速くてしゃべりも早口でクールな青年でした。


参加者からの「座右の銘は?」という質問に古市さんが「そんなのない。場合によるし。これ!って決めてるものはない。」と即答していたのがカッコよかったです。

私だったら(何て答えたら頭良さげに思われるかな?)と邪な気持ちで考えて悩んだ挙句、「初心忘るるべからず!」とか安易に答えそうです。


でも確かに、場合によりけりですよね。

急がば回れ」な時もあれば「善は急げ」な時もある。なるほどと思いました。


自分の思うこと、批判的なことも物怖じせずにはっきり言う古市さんの語り口が素敵で憧れました。普段から知識を多く取り入れつつ、物事を深く考えている方なんでしょうね…私も色々吸収しつつ深みのある人間になれると良いなと思いました。


楽しかったです!


待っていても、はじまらない。―潔く前に進め



広島でひとり旅をしてきました。

25年ぶりのカープの優勝で盛り上がる広島県私はカープの優勝が決まる数日前に広島へ行ってきました。

カープの試合は観ていません。

f:id:yashiko884:20160915200159j:plain


女のひとり旅です。

初めてのひとり旅でした(^o^)


平日に仕事が休みになり、時間ができたのでベタに「そうだ!京都に行こう!」と思ったのですが、「遠すぎるから広島にしよう!」と思って日帰りで広島へ。

ひとり旅なんて寂しすぎるかと思いきや、好きなものを見て食べて、とても楽しかったです!


広島は食べ物も美味しい、観光地も多く移動手段も充実しているので、なんとなく選んだものの初めてのひとり旅に最適な場所でした。


以下、行程を感想をはさみつつ振り返ります。


①新幹線で広島駅へ。


路面電車で広島駅から原爆ドームへ。

→朝の通勤ラッシュに巻き込まれて路面電車を味わう余裕がなかった。


原爆ドーム平和記念公園、平和記念資料館の見学。

→移動は徒歩。ドームも公園もとても美しかったです。資料館では戦争の残酷さ悲惨さを改めて感じました。目を背けてはいけない。


世界遺産連絡船で宮島へ。

→連絡船は1時間ほどで直接宮島へ行けるのでとても便利(通常は宮島口という駅まで移動し、そこからフェリーで宮島へ行かなければならない)ですが、片道1600円で少しお金はかかります。

宮島上陸後はまず鹿がうじゃうじゃいるのに驚きました。船では爆睡してしまった。


⑤宮島散策。厳島神社を味わう。

厳島神社といえば!あの有名なやつです!海の上に浮かぶ赤い鳥居…。修復工事をしていたのが残念でしたが、境内も見て回って厳かな雰囲気を味わうことができました。赤い。素敵。

f:id:yashiko884:20160915201109j:plain


f:id:yashiko884:20160915201340j:plain


⑥ローブウエイに乗って移動した後、弥山登山。

日本三景の1つ。宮島。正確には宮島にある弥山からの眺めが日本三景の1つらしいのですが、私はそれを知らずになんとなくロープウエイがあったから乗って、山を登りました。

ロープウエイに乗れば登山しなくていいのかと思いきや、30分くらいなかなかの山道を登りました。私はスニーカーだったのですが、周囲にはヒールで登る強者もいました。登った後の達成感…!!


登山の途中にある「くぐりの岩」

f:id:yashiko884:20160915202009j:plain


頂上には広島が見渡せる素敵な展望台と、素敵な神社があります。

結構きついけど、登る価値ありです。

f:id:yashiko884:20160915202209j:plain

こういうお地蔵さま(みんなそれぞれ違うポーズ、違う装飾)が至る所にあったのも気になりました。お茶目…。


⑦宮島内散策。五重塔、千畳閣など。

→もみじ饅頭を食べたりしながらブラブラしました。そういえば、山を登る前に宮島内で牡蠣も食べました。美味しかったです。

個人的に千畳閣、好きでした。


⑧フェリーで宮島口駅へ。そしてJRで宮島口駅から広島駅へ。


⑨広島駅ブラブラ。お土産と穴子丼弁当を購入。新幹線でお弁当を食べながら帰る。


以上、日帰り女広島ひとり旅でした。

今まで行ってみたいなぁと思いながら、「一緒に行く人がいない」という理由であまり旅行をしたことがありませんでしたが、ひとり旅は結構楽しいとわかりました。

広島は平日でも観光客が多いので、女性ひとり旅も安全。またどこかでひとり旅したいです。


あと、広島で厳島神社を見て思ったのですが、ネットで前もって調べすぎると写真を目にすることが多くなって実物を見た時の感動が薄れてしまう…ので注意。


だから、このブログでもあまり写真を載せないように心がけてみました。


初めて行く場所、初めて見るものへの純粋な感動を大切にしたいですね。


良い旅でした!!

自分の「好きなタイプ」について考えてみた。

飲み会などで「好きなタイプは?」と聞かれることが多い。でもそんな時、私はつい「どう答えるのが正解だろう?」と考えてしまいます。


つまりそれは、「自分の好きなタイプを言って他人にどう思われるか」を気にしているのです。


でも、いいじゃないか。

他人にどう思われたって!!!!

正直に答えてみよう。というわけで、今度聞かれた時の為に、どう返事をするか考えてみようと思います。


①外見

「人は見た目じゃない!」と言いますが、見た目も大事です。じゃあ私はどんな外見を好むのか?芸能人で考えてみます。

私が本当に好きな外見をしている人…3人に絞りました。この3人です!


ディーン・フジオカ

星野源

松田龍平


ああ!!!かっこいい!!!!

共通点はまず「笑顔」。3人とも笑顔が素敵なんですよね。おディーン様は優しげな笑顔で癒されます。星野源さんは、くしゃっとした感じで、思い切り笑顔が可愛らしい。

松田龍平さんは、普段が飄々とした雰囲気なので笑顔になった時のギャップに萌えます。


あとは、割とみんな目が細め?ですね。

ぱっちりした目より切れ長だったり細かったりする方が好きです。


②内面、性格

これも芸能人で考えてみます。テレビで観た中での印象で考えるしかないのですが、選んだのはこの3人です!


木梨憲武

唐沢寿明

長友佑都


ああ!!!ゆっくりお話してみたい!

共通点はまず「面白さ」

知識や経験が豊富だったり、発想が独特だったり。

長友選手の場合は最近、平愛梨さんとの熱愛が報じられた際の報道陣へのユーモアも交えた返し、「彼女は僕のアモーレです!」が素敵でした。


あとは「仕事ができる」

木梨さんはタレントだけでなく、アーティストとしての一面もあり才能ある存在。唐沢さんは俳優として実力があるだけでなく、努力もしてきた方です。

長友選手は、著書『日本男児』を読んだことがあるのですが、かなりストイックに努力をする方です。小柄な体格でも世界に通用する選手になる為にトレーニングをして、実際今世界で活躍しています。すごい。


あとは、3人とも自分なりの考えを持ち、人に流されない強さを持っているという感じがします。そういう強さが私にはないので憧れるんだと思います。


③その他

あとは、付き合うっていうことを考えると、一緒にいて居心地が良いかどうか、などが大事になってくると思うんですけど、それは「好きなタイプ」というよりフィーリングとかそういうもので決まるんでしょうね。

彼氏いない歴=年齢なので、想像でしかないですけど。

付き合う2人は出会ってすぐトントン拍子に付き合いますもんね。あれはきっとフィーリングが合うからトントンなんだ。今まで何度もトントン拍子を目撃してきました。

私はトントンないです。


以上から、私の好きなタイプは、

「笑顔が素敵で、目が細めで、知識が豊富で面白くて、仕事ができて、自分をしっかり持っている人」


ああ…夢が広がりますね。

いつかそんな人と出会えるのかな…。


…。


出会えなかったとしても、恋愛や結婚ができなくても自分の人生を充実させられたらいいなぁと思います。

恋愛や結婚をすれば幸せになれるとは限らないし、恋愛や結婚しなければ幸せになれないと思っているうちは良い人も現れない…。

って何かの本にも書いてありました。


ただ、やっぱり1人は寂しいです。

せめて、たまにゆっくり話ができる友人を作りたいですね。学生時代の友人は結婚をすると、なんとなく連絡しづらいです。


最後に、女性で好きなのはアナウンサーの夏目三久さんです。

彼女の笑顔もすごく素敵です。信念を持って熱心に仕事に取り組んでいらっしゃるので、憧れます。少し個性的なショートカットも素敵です。


好きだなぁと思う人は憧れの気持ち、ああいう風になりたいと思う気持ちの表れでもあると思います。

目指せ…夏目三久!*\(^o^)/*