徒然なるまま、思うまま日記。

社会の荒波に揉まれながら、人生について考える29歳のわたし。

私の好きな人が可愛いくて少し辛い。

少し前に告白して振られた職場の同僚と、振られた後も仲良くしている。

仲良く…というか、今までと変わらずにいる。


2人でご飯に行くことはなくなったけど、仲良くしている同僚もう1人と3人でご飯に行くことはある。


クールな雰囲気の彼なのに、3人でご飯に行くと、私たちに気を許しているからか?仕事中には見せないはしゃぎぶりで可愛い。

「ノンアルコールのワイン飲もう…それただのブドウジュースやないかい!」


なんて、冗談を言う。ノリツッコミ?笑

その冗談自体は面白くないけど、そんなこと普段言わなそうなクールな雰囲気出してる人だから面白い。


高学歴で仕事ができる。

いつも落ち着いていて、慌てているところを見たことがない。第一印象はクールに見える。

そんな彼が、朝突然私のデスクに来た。

何か仕事の用件かな?と思って顔を上げると、


「これ、答え合ってるか見て下さい。」

そう言って彼は、私の机の上にクロスワードパズルを置いた。


(業務開始からまだ1時間も経ってない、これから仕事頑張ろうって時に、このクソ忙しい時に…あんたって人は…)


とムカついたのは一瞬。

なぜなら、机上に置かれたクロスワードパズルはほとんど答えが埋められ、ところどころ線が引いてあり、一生懸命考えた跡が見えたからである。


(めっちゃ真面目にクロスワードパズル解いてる!!!!あんたって人は…可愛い。)


一問一問答えを確認していく私の手元を、真剣に見ている彼。

「わかんないね〜」と2人で話をしていると、近くを通った先輩も「2人して何遊んでんの…」と言いつつ一緒になって答えを考える。


「ああ!!そういうことか!!」


求めていた答えにたどり着いた彼は、ハッとした表情でそう言った後、クールに自分のデスクへ戻って行った。


つい最近、また同僚と3人でご飯を食べに行った。

やっぱり仕事の時と違ってはしゃいでいて、率先してピザを切り分けてくれた。

女子2人はそれを眺め、唯一の男子である彼が切り分ける。


彼はジェントルマンなのか、それとも単にピザを早く食べたいのか。可愛い。

彼は、結構大食いである。だからそんなに背が高いのね。でも全然太ってない。


仕事中に眠くなるって話をしたら、からかわれた。私が3人の中で最年長であることや、身長が低いことをイジってくる彼。


楽しい時間を過ごすけど、楽しすぎると切なくなってしまうのは、彼を独り占めしたいという欲が出てくるから。

独り占めしたい。もっと一緒にいたい。

チューとかしなくていいから、ただ一緒に一晩同じ布団で寝てみたい。


彼の寝顔は見たことがある。一緒に講演会に参加した時、隣の席でウトウトと眠りにつく彼。

肩をトントンと叩いて起こした時、ゆっくり目を開けて眠そうにしている彼。「眠いの?」と聞くと真顔で首を横に振るけど、明らかに眠そうな彼。可愛い。


私も眠りたかった。彼が隣にいたら、ぐっすり眠れる気がする。寝顔を眺めながら、頭を撫でながら、眠りたい。一緒にいると落ち着く。


叶わない願いなんだろうか。

この願いは叶わないけど、これからも同僚として仲良くしてくれそうだ。

同僚として。


3人でご飯に行くと、彼が車で送ってくれるのだが、私が家に帰った後、彼と同僚の2人でファストフード店に行った話を後日聞いて、ヤキモチを焼いてしまった。

2人が家が近いから、あと2人とも大食いだから行ったんだろうけど、羨ましくなった。


仲良くしても、仲良くしなくても、少し辛い。愛おしくて可愛くて。

生き辛さを感じている私を救ってくれそうな本に出会った。

自分に自信が持てず、人に上手く甘えられず、頑張って何か成果を得ても、満たされるのは一瞬。


頑張り続けなければ!と思うと人生が苦しみばかりのように思えて、「これでいい」と思えなくて、生き辛い私。


人と深く関わりたい一方で、人と関わることを恐れる。自分がどう見られるかばかりを気にしてしまう。相手の気持ちばかり気にしているかと思えば、自分勝手に自分のきもちをぶつけて困らせる私。


自分で「考えすぎてる」と分かっているのに、止められなくて落ち込んで孤独になる夜がある。不安いっぱいで、そういう時は友人に電話をする。

そういう時に話を聞いてくれる、思いやってくれる友人がいて本当に嬉しくてありがたい。

だけど、常に感じ続けていて時々そういう風に大きくなる孤独と不安を、もう少し自分でどうにかできないものかと思っていた。


色々な本を読んだ。心理学の本や、自分に当てはまりそうな本を。

・「ホ・オポノポノ」の本

・服部みれい『あたらしい自分になる本』、『なにかいいこと』、『わたしのヒント』

・『嫌われる勇気』

・『幸せになる勇気』

・『孤独と上手につきあう9つの習慣』

・『やさしい人』

あとは、引き寄せの本など。


多くの本で、心を楽にするためには、「自分を大切にすること」が基本として述べられていた。

あとは、親の愛を十分に感じて安心感を得られなかったことで不安を感じやすくなるとも、多くの本で述べられていた。


なるほど…!と思い、自分にも当てはまるなぁと感じて救われた時もあったが、しっくり自分に全てあてはまるわけではなく、自分のこの辛さの原因は何だろう?と答えを探していた。


そして、ついに「これ、私のことだ…!」と思える本に出会った。

その本がこれだ。


恋愛低体温症

恋愛低体温症

これは恋愛に限らず、人との関係において悩む人が、その原因を知り、人と深い人間関係を築き、幸せを感じられるようになってほしい…という筆者の思いが込められている。
その筆者が専門としているのが、主に「母と娘」の問題であることも私にぴったりだった。

私の母は愛情深く育ててくれたけれど、昔はよく、時々理不尽な理由で怒る母に恐怖と不満を感じていた。
将来の進路に関して何も助言してくれない母、お金がないと言ってくる母が頼りなくて不安で仕方がなかった。

これらが私の生き辛さの元になっている…とかんじていたのだけど、この本を読んでやっぱり!!!!と腑に落ちた。

上の本によると、親に安心を与えられなかった場合、「自分でなんとかしなければ!」と思いすぎて、全て自分でやろうとして人に上手く頼れない人間に育つらしい。

また、助けてほしい時に助けてもらえなかった…という経験が、不安や恐れを生む。

キーワードは「不安と恐れ」だ。
人と深く関係を築こうとすると、嫌われるのでは?見捨てられるのでは?と恐れて自分から離れていく。

私もそうだ。
初対面の人には愛想よく振る舞えるのに、同じ職場の人とは上手く付き合えてないと感じる。
自分を理解してほしいのに、自分のことを知られて見放される嫌われるのが怖い。
だから、自分から逃げ出してしまう離れてしまう。好きなのに。

解決策としては、人といて安心できると感じられるように練習すること、自分の人生のプログラムを書き換えること。

「世の中には私を好きになる人もいるだろう」
「信用できる人もいる」

こういうことを口に出して言えるようになれたら、書き換えも成功するらしいが、私はこの言葉を見て、読もうとした時に涙が出てきて読めなかった。

私の心の中に、「私を好きになる人なんていない」「信用できる人なんていない」という思いがあったからだろう。
今までたくさん振られて、彼氏もできないし。できたと思った彼氏は遊び人だったし。
仕事は頑張っても契約を切られるし。

そういう経験を積んでますますその思いを強くしたけど、思い込みすぎだった。
信用できる人はいる。友達。

自分からもっと人に近づいてみようか、と思えてきた。
自分を認められるような気がしてきた。

泣いてしまう。
本当は誰かとずっと一緒にいたい。

気晴らしも必要だけど、仕事は減ってくれない。

仕事がいっぱい回ってくるといっぱいいっぱいで、病んでしまいます(^ω^)


そんな時、「息抜きも必要だよ!」

と言ってくれる人がいる。


分かる。


でも、そうしてる間にも仕事は増える。

誰かが代わりにやってくれる訳ではない。


「大変だったら手伝うよ?」と言われても、どう考えても私がやらないといけない場合はできない。


だから結局自分がやるしかないって思ったら、もう絶望的になる。

頼れるのは自分。


腹をくくって臨むしかない。


睡眠時間を削ると仕事が全然はかどらない。

だけど、時間が足りない。


寝なくてもいい身体になりたい。

「ご飯に行こう」の意味は、「あなたに会いたい」です。

気になる人をご飯に誘いました。

若干LINEが素っ気なかったものの、ふたつ返事でOKしてくれました。


ところが、私はただただ彼と2人で話がしたい、2人でいたい、という気持ちで誘ってしまったので、どこで何を食べるか考えていませんでした。お店どうしよう。


でも、そういえば友達をご飯に誘う時もこんな感じ。その子に会いたいから「ご飯に行こう」と言うだけで、ご飯はあくまでその子に会う口実。

「ご飯に行こう」は「あなたに会いたい」という意味です。会ったら何を話そうかなぁ。


うぬぼれなのかもしれませんが、彼も私に好意を持ってくれている気がします。

妙に私にだけ突っかかってきたり、かと思えば、私が困っているとすぐ手伝ってくれたり。

運転中になぜか急に不機嫌になって、なんでだろう?って考えてたら、そういえば私が運転中の彼の代わりに電話に出て、職場の上司の男性と談笑したあとから不機嫌になったな…ということもありました。


不機嫌になった時に少し寂しそうにしてて、なんかちょっとキュンとしました。

拗ねた感じでテーブルに突っ伏しているのを見た時、彼の頭を撫でたくなりましたが周りに人がいたのでやめました。

私も彼への好意を示しているつもりですが、いまいち伝わってないのかもしれません。

今回ご飯に誘ったから、さすがに気付いてくれたでしょうか。


今のままでも同僚として親しくしているので、これ以上進展しなくてもいいなぁとも思います。

付き合ったら面倒。彼が、というより付き合うことって面倒なことが増える気がします。

自分の時間を相手の為に使うことが増えるでしょう。もしかして束縛されたらどうしよう。

彼の存在が大きくなったら、彼を失うことを恐れる気持ちも生まれるでしょう。

面倒なんですよね。


でも、気持ちがその面倒さを超えてきました。

この前、飛行機に乗った時、「もしこの飛行機が墜落したらどうしよう」となんとなく考えたら、彼に好きだと言えば良かったなぁと強く思いました。


他のことは結構どうでも良かった。

生きるのってしんどいなぁ、なんでこんなに頑張らなきゃいけないのかなぁ、と私は時々思ってしまうので、ある日突然消え去ってしまえたらそれはそれでいいや!とか思っちゃうんです。

だけど、そんな中で、彼に好意を伝えないまま消えることだけが気掛かりで。


これ…彼が私に好意を持ってるっていうのが私の勘違いだったら私の1人相撲になるんですけど、心に溢れた気持ちに従って行動してみることにしました。


楽しみだなぁ。

些細なことで気持ちが冷めた私は心が狭いのか。

前回は一緒にいて居心地が良いと思える人に出会えた…なんて浮かれた記事を書いていたけど、今は全然そう思えない。

なんだかこう、彼が、「それはちょっと失礼じゃない?!相手の気持ちちゃんと考えてるの?」というような行動を私の前でとったので、幻滅してしまいました。
彼も疲れていたのだろうと思うけど、我慢できなかったのか…。

幻滅したら冷めてしまった。
この人と付き合えたら良いかも、楽しいかもー!と思っていたのも今は昔。
今まではよく見えていた彼の面が、悪く見え始めてきました。

ただ、たった一度、自分の気に食わない一面を見せられただけで嫌いになるのは心が狭いかな?とも思いました。
誰にでも良い面、悪い面がある。

でも、彼の行動が私にとっては結構許せないことだったので、今は怒りでいっぱいで彼と上手く接することができません。
彼に直接、「あれは失礼だと思うよ!」と言えば少し気持ちも変わるのかもしれませんが、タイミングを完全に逃したのと、同期の私が偉そうに言うのは違うのかな?と思ったり。

しばらく彼とは距離を置きます。
仕事で必要な時以外は関わりません。
ぷりぷり!!!!

相手に過剰に期待して、相手を必要以上に良い人として捉えてるから、こんなにイライラしてしまってるのか。
他人に期待してはいけない。

それとも、生理前だからか。だから、些細なことにもイライラしてしまうのかもしれない。
周りがみんな敵に見えてきます。
みんな他人の気持ちなんて考えてない。
自分のことでいっぱい。

疲れてるのかな。なんだか身体がダル重ー。
心も重いなぁ(´・_・`)

一緒にいて心地良いと思える人に出会いました。

4月から新しい職場で働いているのですが、その職場の同期が私にとって大切な存在になりつつあります。


同期とは一緒に研修を受けることが多く、自然と一緒に過ごす機会も多くなり、次第に仲良くなりました。


初めは何も意識していなかったので、彼には思ったことを言って話して、一緒に思い切り遊んで。飾らない自分を結構さらけ出してしまったと思います。


それでも、一緒にいて全然疲れないし、むしろ彼だからこそ気を遣わずに自分をさらけ出せているような気もしてきています。

私がこっそり職場でおやつを食べている姿を見てクスッと笑ってきたり、私が機嫌が悪くて愚痴をこぼしていても軽く受け流しながら聞いてくれたり。


あくまでも、私が勝手に感じているだけなのですが。

自分のことを理解してもらえている、認めてもらえている、という感覚がして、嬉しくて安心もする。


私の方も彼のことを尊敬しているし、時々「ちょっと細かいなぁこの人」なんて思ったりもするけど、それが彼らしいなとも思ったり。

一緒にいるとホッとするので、なんだか眠くなります。


これからも仲良くできますように。

だんだん気持ちが大きくなって、夜寝る前にふとLINEしてしまったり、考え込んでしまったりしてるけど、とにかくまた近いうちに一緒にご飯を食べたり話をしたりできますように。


AM11:00

AM11:00

  • HY
  • ロック
  • ¥250

「社会で使えない人間」という言葉が大嫌いだ。

もし本当に、すごく仕事ができない人でも、そういう言い方をするのは嫌いです。


そもそも、「社会で使える人間」っているんですか。


私は社会で「使える」人間なんていないと思います。

だいたい、誰に使われてるんだよ?みんな誰かに使われてるわけではなく、社会の中でその人の意思で行動しているものだと思うし、そう思いたい。


とてもネガティヴな考え方だけど、私は社会人になってから、「私の代わりなんていくらでもいるんだな」と理解しました。

私だけにしかできないことなんてない。

私はそれほど能力が高いわけでもなく、いくらでも代わりはいるから、簡単に契約を切られるんです。


ただし、真面目に仕事することが取り柄である私は、人手が足りない時にとりあえず補充する際には都合が良い人材だと思います。

だから今まで、色んな職場を転々としてきました。


そう思うとむなしいのですが、私は自分の仕事が好きです。教師という仕事が好きです。

自分がやりたくて続けている。

私の代わりはいくらでもいるけど、私にとって、教師以外で夢中になって取り組める仕事は他に思いつきません。


今日はある失敗をして、「周りが見えていないなんて、教師としての資質がないし、あなたは社会で使えない人間だ。」と言われてかなりぐさっときてしまいました。


叱られたことには納得がいっていますが、「社会で使えない人間」という言い方はやはり嫌いです。


誰かに必要とされること、誰かに認められることを頼りにして生きるのはもうしんどいんです。


毎日必死に頑張ってる中で、叱られてしまって、なんだか張り詰めていた糸が切れてしまった感覚になってしまいました。

なんで私頑張ってるんだろう。

私は社会で使えない人間なのに。


そこでなんとか、自分がやりたくてやってるんだ!という気持ちを思い出して心を立て直したのですが、時々やっぱり思います。

しんどいなぁって。


私がいなくても誰も困らない、自分がやりたくてやってるだけだから、自分がもういいやって思ったらフッと消えてしまいたいです。

父と母が悲しむことが気がかりなので、消えないようにしていますが、もし父と母がいなくなったら、消えてもいいかなと思ってしまいます。


やりたいことをやるのって楽しいけどしんどいから。

もういいやって思います時々。


きっと疲れてるんだろうな。

こんなこと考えてしまってごめんなさい。

生きることを切望しながら消えゆく人もいる中で、こんなことを考えてしまった。